最近の記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 【JRA】5回東京・京都2日目、3回福島6日目(11/6)アルゼンチン共和国杯他回顧 | トップページ | 【野球】 KONAMI CUP アジア・シリーズ2005 2nd DAY 11/11 »

2005年11月10日 (木)

【野球】 KONAMI CUP アジア・シリーズ2005 1st DAY(11月10日)

行って来ました、秋。 

11月10日、東京ドーム。 千葉マリーンズvs三星(サムスン)ライオンズ。
15時過ぎに現地到着。するとライトスタンド入り口(25番ゲート?)前はすでにマリーンズサポーター諸君が陣取り(長蛇の列)、今日も跳ねる気満々でありました。

16時開門ということで、自由席のチケットを購入(1500円)し、マリーンズの優勝記念グッズでも御購入しようかなと物色。結局、やはり幕張程品数は多くなくめぼしい物はなかったが、スポーツタオル・キャップ・優勝記念ハンドタオルの3点御購入(〆て5000円也)しました。

16時45分過ぎに入場。ですが、危険物チェックというか、ボディチェックが厳しい!予め小さいビニール袋(500mlくらいの)を渡されて、それに金属物を入れさせられ、金属探知機みたいなスティック状の機器(金属を検知するとプーってなるヤツね)で、全身を弄(まさぐ)られる。
おいらはビニールを手渡された時ボーッとしてたから、車のキーやら家のキーやら携帯やら、立て続けにプープー鳴らせるもんだから、係のオネエちゃんもすっかりキレ気味。ゴメンよオネエちゃん…。時間取らせて。
しかも、そのゲートはおいらが買ったチケットでは入れないゲートだった…。何やってんのよ、俺。

で、入場ですよ。40番ゲート。内野2階自由席です。まだ17時前なので、マリーンズの打撃練習が終りかけの頃だったが、すでに外野ライトスタンドは流石にマリーンズファンで一杯。しかし、内野2階自由席には一塁側、三塁側合わせても100人前後しかいなかった。このまま人が来なかったら、一ブロック独り占めですよ!ええ。

なんて考えてたら、サムスンの打撃練習も終り、17時も30分を過ぎた辺りから、続々とマリーンズファンが御入場してきて、内外野のシートノックが終る頃には、外野レフトスタンドもマリサポで埋まり、内野2階も一塁側は7~8割方埋まった。試合開始頃には観客は25,000を超えていたでしょう。週末のこのカードだったら30,000は余裕で超えていたと思いますね。

開幕セレモニーがあって監督・選手紹介。元中日の宣銅烈が韓国トップチームの監督として 再び日本に姿を見せてくれた事が素直に嬉しい。しかも、監督紹介の時の声援は、ボビーにも負けないくらいだったのも嬉しかった。イ・スンヨプの紹介の時は、韓国ファン側の声援も凄かった。良い光景でした。

先発は千葉マリーンズ・小林宏之投手、三星ライオンズ・バルガス投手(元中日バスガルバスです)。

で、試合が始まった訳ですが、1回裏のマリーンズ攻撃が余りにも見事だったので、中盤の中押し得点機会以外はちょっと間延びしてしまった。小林雅の投球は見事だったけどね。

サムスン(韓国のヤンキースと呼ばれているらしい、つまりはスーパースター軍団)の選手はファンダメンタルはプロ選手として遜色ないほど鍛えられている気がした。打者は一巡目小林宏投手の低目の変化球に全く合わなかったのが、二巡目より三巡目と対応してきた。パワーはないけど(構えはパワーありそうだったけど^^)コンタクトできてましたね。
投手の方は、バルガス投手は置いといて(^^)、リリーフ陣は普通に日本プロ野球でも投げられるレベル(トップレベルではないにしても)だった。しかし、やはり変化球のコントロールは、球のキレなどと共にいまいちでした。変化球はほとんどボール球です。この辺りは、レベルを上げて欲しい処です。

守備・走塁はいまいち。カバーリングとか、外野手の肩とか、ポジショニングとかは、ちょっといただけないレベル。グラウンドが広く感じた。もっとこの辺りのレベルが上がってくれば、より接戦になるのではないかと思われました。

結局、試合は、バルガス投手の立ち上がりと中盤に長単打の連打とHRと相手のバッテリーミスもあり5回までにマリーンズが6得点。三星は、シングルヒットは出るものの(無死の出塁も5回、ヒット数もマリーンズの8本を上回る10本)、連打が6回表の攻撃のみで、この回2得点。後はマリーンズの小野投手ー藤田投手ー藪田投手―小林雅投手のリレーの前に無得点だった。

しかし、マリーンズも6得点は先発バルガス投手からであり、三星が繰り出すリリーフ投手から6~8回無得点だった。ちょっと下位打線が心配だなぁ。
とまれ、我がマリーンズは今アジアシリーズ初試合を、スコア6-2で勝利し、決勝進出に大きく前進した。

尚、午前中に行われた、興農ブルズ(台湾)vsチャイナスターズは、スコア6-0で興農ブルズが勝利した。

松井秀喜選手契約交渉情報
粛々と交渉が行われるようです。来季もヤンキーズでプレイすることでしょう。

【アジアンシリーズ2005 2nd DAY】
11月11日、東京ドームで行われる。
サムスンライオンズvsチャイナスターズ 11:00~
千葉ロッテマリーンズvs興農ブルズ   18:00~

明日も行くです、秋。

【三星ライオンズのチアガール】
日本のチアガールと違って、かなりセクシー系です。こんな処も国際試合をみる楽しさでしょう。彼女らは、2、5、7回の自軍の攻撃前にチアタイムを行ったんですが、その内の一曲は、懐かしやチェッカーズの『ジュリアに傷心(ハートブレイク)』だった。なんでかしら?
試合終了後にフォトタイムを行なっていたし、負けたものの韓国ファンも満足そうで良かった。

« 【JRA】5回東京・京都2日目、3回福島6日目(11/6)アルゼンチン共和国杯他回顧 | トップページ | 【野球】 KONAMI CUP アジア・シリーズ2005 2nd DAY 11/11 »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134851/7026675

この記事へのトラックバック一覧です: 【野球】 KONAMI CUP アジア・シリーズ2005 1st DAY(11月10日):

« 【JRA】5回東京・京都2日目、3回福島6日目(11/6)アルゼンチン共和国杯他回顧 | トップページ | 【野球】 KONAMI CUP アジア・シリーズ2005 2nd DAY 11/11 »